お客様とのご縁を大切にし、親身にサポートさせていただきます。行政書士ひえだ法務事務所

会社設立(株式会社、合同会社)

定款について

「定款」とは、会社などが組織として活動する為に必要な根本規則の事です。
例えば株式会社の場合、定款を作成する事が、設立の要件となります。
「会社の憲法」と呼ばれる程大切なもので、その中には、以下のような記載事項があります。

1.絶対的記載事項  記載もれがあると定款自体が無効となるもの
2.相対的記載事項  記載しておく事で法的効果が発生するもの
3.任意的記載事項 定款に定めなくてもよいが定める事で明確性が高まるもの

絶対的記載事項

会社法27条で以下のものが規定されており、この記載がない定款は全体が無効になってしまいます。

1.目的
2.商号
3.本店の所在地
4.設立に際して出資される財産の価格又はその最低額
5.発起人の氏名又は名称及び住所
6.発行可能株式総数
(認証を受ける際に定める必要はありませんが、設立手続きの完了までに必要)です。

 

相対的記載事項の例

定款に記載しなくても定款自体の効力は有効であるが、定款に定めておかないとその効力が認められないものです。

1.変態設立事項(現物出資に関する事項)
2.株式の譲渡制限
4.単元株式
5.株券発行
6.株主総会、取締役以外の機関の設置(取締役会、監査役、会計参与他)
7.取締役の任期の延長又は短縮
8.取締役の選任における累積投票の排除
9.株主総会及び種類株主総会の定足数、決議要件の法廷要件と異なる定め
10.基準日の設定

 

任意的記載事項の例

定款で定める事で明確性が高まるもの。

1.事業年度に関する事項
2.定時株主総会の招集時期
3.株主総会の議長
4.取締役・監査役の員数
5.株主名簿の基準日
6.議決権の代理行使
7.公告方法

 

兵庫県・大阪の公証役場

>>『兵庫県内公証役場』

>>『大阪府内公証役場』

 

 

PAGETOP
Copyright © 行政書士ひえだ法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.