お客様とのご縁を大切にし、親身にサポートさせていただきます。行政書士ひえだ法務事務所

古物商許可申請

(古物)を買い取り販売するためには許可が必要です

「古物」とは?

syouhinken①一度使用された物品
 ※物品とは、商品券・乗車券等の金券類、美術品等
 ※航空機・鉄道車両・20トン以上の船舶等は除かれる

②使用されていない物品でも使用のために取引されたものbicycle

③これらの物品に、「幾分の手入れ」をしたもの
   ※幾分の手入れとは物の性質や用途を変化させずに修理などを行う事

jewelry

 

古物の区分 (法令で古物は13種類に区分されています)

写真機類ビデオカメラ・カメラ・顕微鏡・双眼鏡等
美術品類骨董品・絵画・古美術等
時計・宝飾品類時計・宝石類・貴金属類・ダイヤ・金等
自動車 自動車とその部品
自動二輪車・原動機付自転車(原付)バイクとその部品
自転車類自転車とその部品
衣類着物・洋服等
事務用品機類コピー機・パソコン機器等
道具類CD・ゲームソフト・日用雑貨等
皮革・ゴム製品靴・バッグ等
機械工具電気機械・各種工具等
書籍古本
金券類収入印紙・商品券・切手等

 古物商許可が必要な場合

・古物を買い取って売る。

・古物を買い取り修理等して売る。

・古物を別の物と交換する。

・古物を買い取り別の物と交換する。

・古物を買い取って使用出来る部品などを売る。

・古物を買い取らず売った後に手数料をもらう。

・古物を買い取ってレンタルに使用する。

・古物を海外に販売する。

 

お気軽にお電話ください! TEL 072-741-9004 営業時間 年中無休  9:00~19:00

PAGETOP
Copyright © 行政書士ひえだ法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.