どのようなものが相続財産になるのか

人が亡くなると同時に相続が開始します。相続人は亡くなった方の全ての権利と義務を引き継ぐことになります。つまりプラスの財産だけではなく借金等のマイナスの財産も含まれます。

相続財産の例

  • 土地や建物などの不動産
  • 現金、預貯金、株式
  • 高価な美術品、自動車
  • ゴルフなどの会員権、商品券
  • 債務(ローンによる借入など)

相続財産の中で注意するもの

生命保険金,死亡退職金は契約などの内容によって相続財産となる場合があります。生命保険金、死亡退職金は相続人が受取人となっていれば相続財産になりません。ただし民法上は相続財産にならなくても相続税の課税については相続財産になるので注意してください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

072-741-9004
受付時間:朝9時から夜7時まで(月曜日から土曜日祝日も対応)
日曜日のみ休み

メールは24時間受け付けております。

Eメールでのお問合せフォームはこちら