遺言書を残すということ

遺言書と聞くと…「縁起でもない」「遺言書を残すのはお金持ちだけ」というイメージを想像する方が、以前は多かったのではないでしょうか。

しかし最近では、終活関連の特集がテレビ番組等で多く組まれるようになり、遺言書作成も身近に感じられるようになりました。

そして自分の亡き後、遺言書を残すことは、愛する家族のために重要だと考える方も増えてきたように思います。

私自身、遺言書を残すことは大切な家族への思いやりが詰まった素晴らしいメッセージだととらえています。

遺言書作成についてご相談等ありましたら、お気軽にご連絡ください。
女性行政書士が親身になって対応させていただきます。

遺言書について

  1. 遺言書を残した方が良い例
  2. 相続財産とは
  3. 遺言書の書き方
  4. 遺言書に記載できること
  5. 遺留分について
  6. 遺言の変更・撤回について
  7. 付言事項とは
  8. 公正証書遺言作成の流れ
  9. 遺言書サポート料金について

対応地域

川西市・伊丹市・尼崎市・宝塚市・西宮市・芦屋市・神戸市・池田市・箕面市・豊中市・その他近隣地域

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

072-741-9004
受付時間:朝9時から夜7時まで(月曜日から土曜日祝日も対応)
日曜日のみ休み

メールは24時間受け付けております。

Eメールでのお問合せフォームはこちら