特別永住者とは

1945年9月2日以前から日本に住まれている、台湾・朝鮮半島・在日韓国人・その子孫の方に認めれている在留資格のことです。

特別永住者の緩和について

特別永住者の方が帰化申請をする場合、特別永住者の方以外に比べ、提出書類等が以下の様に緩和されています。

ただし、緩和されていても書類上の手続きが簡単になっているというものではありませんのでご注意ください。

最終学歴の卒業証書不要

帰化動機書の提出は不要

在勤及び給与明細書が必要なところ給与明細書で可

納税関係書類の提出が3年分必要のところ、2年分で可

韓国領事館で戸籍を取得する際に必要な情報について

韓国籍の戸籍は、韓国領事館で取得しますが、その際には、登録基準地(本籍のことで、〇〇里、○○洞までわかれば大丈夫です)、氏名(韓国本名)、生年月日が必要となります。

大阪の韓国領事館はこちらから

神戸の韓国領事館はこちらから

お問い合わせはこちらから

 電話 072-741-9004

電話受付:朝9時から夜7時まで(月曜日から土曜日祝日も対応)

時間外でも対応可能な場合がありますのでどうぞお気軽にお電話下さい。
メールは24時間受け付けております。

072-741-9004

Eメールでのお問合せフォームはこちら

秋